生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

見える化

設備や人員の未来の負荷の見える化 (負荷グラフ)

Q: 来月に必要な作業員の人数が分かると、あらかじめ必要なパートさんの数を調整できて、人件費を削減できるのですが、そのような方法はありますか? 日毎に分かりますか?

A: 生産スケジュールを作成した結果、負荷グラフを表示します。未来の内示オーダや販売予測情報があれば、その情報を製造オーダとして登録して、スケジュールしてみることにより、設備や人員の負荷が分かります。

スライド9.JPG

未来の負荷が見えることにより、例えば、来月の所要人員を求め、先手を打つことにより人件費の削減が可能となります。また、ボトルネック工程を特定し、TOCでいうボトルネックの有効活用をすることにより、工場全体のスループットを増大させることが可能です。

関連項目 :< 生産計画コンサルティング コラム5>

関連項目 :ボトルネック中心のスケジューリングによるスループット増大

関連項目 : 内段取りの外段取り化によるスループット増大

関連項目 : 中期スケジューリング

関連項目 : かんばん方式と特注品、受注生産品、試作品

関連項目 : 未来の予測と見える化

関連項目 : マルチサイト計画

次頁へ 【生産計画コンサルティング コラム6 】

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg