生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

見える化

【生産計画コンサルティング コラム6 】


プラスチック成型工場の生産スケジューリング

金型の生産スケジュールを実現

プラスチック成型を行っている工場を訪問した。金型のスケジュールを管理する必要があり生産スケジュールが複雑になる。これに加えて、最近ではプラスチック成型をしたあとに組立てが入るなどで、生産スケジュールがより複雑になってきている。これらの課題を解決したいといことである。また、お客様の自動車メーカーは部品サプライヤの半減策を発表しており、自動車メーカーにカイゼン活動の結果をアピールする必要があった。このアピールに失敗したら取引停止だ。

私がデモンストレーションを行っていると社長が「もういい。生産計画スケジューラ導入の方向性は決めた。E君が担当して進めてくれ」ということだ。生産計画スケジューラ導入を決めていただいたポイントは、プラスチック成型機と金型の生産スケジュールが同時に立てられることと、組立工程の生産スケジュールも同時に立てられる点だ。しかも、生産計画スケジューラのカスタマイズ無しですぐに実現できる点が評価された。私は「まずうまく動くかどうかプロトタイプを試してみましよう」と言い、私はE担当者といっしょになってプロトタイプを作成した。あとは担当者が自力で生産計画スケジューラを立上げた。この担当者はかなり優秀だ。生産計画スケジューラは短期間で成功裏に立ち上がった。生産計画スケジューラの標準機能の範囲内で無理をせず立ち上げる方針であったことが、生産スケジューラ短期立上げ成功のポイントだ。

稼動後、再度この会社を訪問した。生産計画スケジューラは順調に動いていた。帰りがけに、課長が私を駅まで車で送ってくれた。その途中、課長は私に「高橋さん。生産計画スケジューラのおかげで、部品メーカー半減策も切り抜けて生き残ることができました。受注は逆に伸びています。ありがとうございます。しかし、この忙しい時期はいいんです。放っておいても儲かります。だけど、これで需要が低下したときにどうなるかです。需要が低下したときに、製造現場の作業者は忙しいふりをするのです。生産計画スケジューラがあれば、どのくらい忙しいかが論理的に解ります。暇なら余計なものを生産しないで、会社の草取りでもしてもらったほうがいいのです。」と話した。

社長の決断即決もすごいが、課長が経営視点でそこまで先を見通しているとは! さらに感銘した次第である。 生き残るはずです!

関連項目:導入成功のポイント

関連項目:セル生産と生産準備

次頁へ スキルの見える化 (スキル表)

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg