生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

リードタイム短縮

運搬のタイミング によるリードタイム短縮  

Q: 有限能力スケジューリングで、製造も運搬も小ロット化しましたが、さらに、リードタイムを短縮する方法はありませんか?

A: リードタイム短縮の、次の手法は、運搬のタイミングです。例えば、重なり方法ESを例にとると、下図のように作業が完全に終わってから、後工程の作業が始まります。

スライド22.JPG

しかし、製造の内容によっては前工程の製造が完了したら、後段取りを待たないでも、仕掛品を後工程に持っていける場合もあります(ケース2)。これにより、リードタイム10-20%短縮しています。ケース3では、後工程は仕掛品が来る前に前段取りを行い、仕掛品が来たら製造が始まるケースです。これでも10-20%短縮します。ケース4では、さらにリードタイムの短縮幅は大きくなり、20%-30%短縮しています。この手法は前段取り時間・後段取り時間が長い場合、特に有効です。

以上、生産計画スケジューラによる生産リードタイム短縮の方法を説明しました。これらすべての計算は生産計画スケジューラにより高速に行うことができます。

次頁へ ボトルネック中心のスケジューリングによるスループット増大

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg