生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

スループット増大

【生産計画コンサルティング コラム9 】

半導体工場の生産スケジューリング

スループット最大化

半導体メーカーの社長から呼び出されて訪問した。この会社は半導体の後工程を行っている。マーケットは好調でオーダが殺到している状態だ。生産管理担当者のところには、お客様の担当者が自社のオーダがちゃんと納入れされるのかどうかのチェックのために打ち合わせに日参する。お客様の担当者はこの工場の近くのビジネスホテルにずっと泊まりらしい。生産管理する側も、より多くのオーダをこなすために必死だ。家に帰っても、土日でも携帯電話でいつでも連絡は受ける体制だ。

会社を訪問すると社長以下、担当者が私たちを待ち構えていた。すでに、社長が生産計画スケジューラの無料体験版をインストールして動きをチェックしていた。頭脳明晰な社長だ。社員の方々も非常に優秀かつ、IT・生産管理とも高いノウハウと経験をもっていた。私はまず生産計画スケジューラを一通り説明した。社長は「この生産計画スケジューラは生産管理担当者のよいおもちゃになればいいと思っている。」お客の納期と工場での完成が見えるようになれば、担当者の仕事もずいぶん楽になる。さらに社長は言った。「在庫削減とかリードタイム短縮よりも、スループットの増大が最大の課題だ。」 現有の資源でどこまで生産額を増大できるか生産計画スケジューラを活用して限界への挑戦だ。

導入コンサルテーションは最小限にして生産計画スケジューラを立ち上げることとなった。しかも、導入プロジェクトの期間は4ヶ月と短い。外部の導入コンサルテーションをほとんど受けずに、この立上げ期間は短すぎると私は思ったが、果たして、導入は予定通り進んだ。この短期導入成功は、先見性のある社長、ITと生産管理、生産計画スケジューラの経験のある優秀な社員によるものと感心した。

業務開始後、再度訪問した。社長は「生産計画スケジューラの導入より、12人の作業者を減らせることがわかった。これで、年間4000万円以上のコストダウンであり、一年で生産計画スケジューラ導入コストの元は取れた」とのこと。実際、12名の作業者を減らすかどうかは別にして、工場の現場に大きな余裕ができたことになる。また生産管理担当者の仕事も見違えるように楽になった。このように、すんなりとプロジェクトを進め、実際の効果もあっさりと出すところに再度感心した次第である。

関連項目 : 設備や人員の未来の負荷の見える化 (負荷グラフ)

次頁へ 内段取りの外段取り化によるスループット増大

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg