生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラ(APS)のしくみと効用

利益を増大させる生産計画スケジューリング手法

Q: 利益を増大させる生産計画スケジューリングは、どのように行うのですか?

A: 「受注・生産・購買のひも付け図」において、受注オーダの納期からバックワードにスケジューリングし、極力、ひも付きの線が縦に(短く)なるようにスケジュールすることです。しかも、ボトルネック資源の稼働率を高め、その他の工程をボトルネック資源に同期化させることです。これらにより、   ・リードタイムの最短化
  ・仕掛在庫の最小化
  ・製品在庫の最小化
  ・購買在庫の最小化
  ・購買タイミングの最遅化
  ・納期遅れ最小化
  ・スループットの最大化
が同時に起こります。「利益増大の好循環マップ」をみれば、これらの要因の改善が利益増大に貢献することがわかります。

このスケジューリングは、生産計画スケジューラの計画パラメータ、計画コマンドを活用して実現します。 

関連項目 : 利益増大の好循環マップ

次頁へ 【生産計画コンサルティング コラム10 】

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg