生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラ(APS)のしくみと効用

生産スケジューリング

 

Q: 生産スケジューリングはどのような手順で行われるのですか?

A: 生産スケジューリングの手順は以下のとおりです。 

  1. BOM(部品表)を入力します。

  2. 製造オーダを入力します。

  3. BOMを参照して、製造オーダを工程展開し、作業のネットワークを作ります。

  4. 作業を計画パラメータで指定された順番で、BOMを元に各資源に割り付けていきます。

 スライド30.JPG

④での割付け方がすでに説明した、有限能力スケジューリングです。工場の中の各資源(機械・人員・冶工具)の負荷を考慮しながら、作業を資源に割り付けます。結果として、すべての作業は資源に有限能力で割り付けられ、生産リードタイムが短縮された生産スケジュールが作成されます。

関連項目 : 生産計画スケジューラ(APS)の誕生

関連項目 : BOM ( Bill of Material : 部品表)の見える化

関連項目 : 有限能力バックワードスケジューリング (JITスケジューリング)

関連項目 : 有限能力フォワードスケジューリング

 

 

 

次頁へ 受注スケジューリング

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg