生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラ(APS)のしくみと効用

中期スケジューリング

 


Q: 組立てメーカーから部品の内示オーダを3ヶ月分もらっています。

  これから購買の手配、設備負荷のチェックをしたいのですが、

  どのようにできますか?

A: 中期スケジューリングでは内示オーダから、ロットサイズ決定しながら製造オーダを自動生成(自動補充)してスケジュールします。中期・長期のスケジューリングには有限能力ラフスケジューリングという手法を用います(後述)。 

スライド33.JPG

中期スケジューリングの目的は生産準備です。生産準備とは原材料の手配と工程負荷のチェック、かんばん枚数の算出等です。 

 関連項目 : 生産計画スケジューラ(APS)の誕生 

  関連項目 :  設備や人員の未来の負荷の見える化 (負荷グラフ)

  関連項目 :  所要量の見える化

  関連項目 :  中期スケジューリングによるかんばん枚数の算出

  関連項目 :  有限能力ラフスケジューリング

   関連項目 :  セル生産と生産準備

 

 

 

次頁へ 中期スケジューリングによるかんばん枚数の算出

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg