生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラ(APS)のしくみと効用

有限能力ラフスケジューリング

 

Q: 有限能力ラフスケジューリングとは何ですか?

  有限能力スケジューリングとどう違いますか?

A: 有限能力スケジューリングは短期のスケジュールを立案し、現場に作業指示を出すことを目的にしています。計算結果として、作業順序を決定します。有限能力ラフスケジューリングは中期・長期のスケジュールを立案し、負荷チェック、原材料の所要量と最早所要タイミング、製造オーダの最早投入タイミングを算出するのが目的です。作業順序を決定せずに有限能力でスケジュールします。中長期の場合は実際の作業順序は変更される場合が多いので、作業順序を決めてしまうと、原材料の最早所要タイミング、製造オーダの最早投入タイミングが実際よりも遅くなってしまいます。有限能力ラフスケジューリングでは、作業順序を決めないで、原材料の最早所要タイミング、製造オーダの最早投入タイミングを求めます。 

スライド35.JPG

 実際の計算方法は、作業をバックワード無限能力で割り付けてから、負荷オーバーしている部分の作業を上から押して伸ばすような処理を加えて、負荷オーバーをなくしていきます。有限能力スケジューリングにより、MRPの固定リードタイムによる無限能力スケジューリングよりも高い精度の中・長期スケジューリングが可能となります。

関連項目 : 有限能力バックワードスケジューリング (JITスケジューリング)

関連項目 : 有限能力フォワードスケジューリング

 

 

 

次頁へ 【生産計画コンサルティング コラム11 】

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg