生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラ(APS)のしくみと効用

【生産計画コンサルティング コラム11 】

 

自動車部品工場の生産計画スケジューリング

生産準備

 

自動車部品工場を訪問した。数年前に生産スケジューラを導入し、うまく稼動しているということで今回訪問することになった。 

まず、私は「なぜ、自動車部品工場なのにかんばん方式を用いないのですか」と質問した。すると「加工工程で工程数が多い自動車部品生産の場合、かんばん方式は向かない」とのことだ。 

この工場では、生産スケジューラは使用しているが、まだ、フル活用はできていないとの話し。どのようにフル活用できていないかというと、生産スケジューラを使用しているが、まだ、生産スケジューラのスケジュール結果を用いて生産指示を出していないということだ。 

生産スケジューラでスケジュールを計算して何に役立てているかというと、生産準備である。トヨタ生産方式の本には、かんばん方式を活用するには、その前に、3ヶ月内示から生産準備をするとある。生産準備の主な仕事は、①内示情報から所要量計算をして原材料、外注の手配をする、②内示情報から工場の負荷状況をチェックする、ことである。この工場では、この2つの仕事を生産スケジューラのスケジュール結果から行っている。実際の生産時は、既に原材料、部品の所要量および設備の負荷の条件はほぼ充足しているため、現場の裁量で確定オーダに間に合うように生産を行うことが可能だ。 (このような生産スケジューラの活用方法は、生産スケジューラというよりも、まさにAPS 、生産計画スケジューラというべきである) 

このような生産方式は、自動車部品のように比較的需要が安定している場合は有効である。自動車でも、トラックや建設機械、消防車、救急車のような特殊車両のように、需要の変動が予測しにくくなるほど、生産スケジューラによる作業指示が必要になってくる。生産スケジューラでは需要変動が大きくても、3ヶ月内示があれば3ヶ月の先読みをしてから、本日の生産スケジュールを計算可能である。現場の裁量では、3ヶ月先にどうなるかを予測して本日の生産スケジュール考えることは不可能であろう。 

私の経営者としての信条の一つは、「ビジネスは先が読めているかどうかで、ほとんど勝負が決まっている」ということである。皆さんはどこまで先を読んで仕事を行っているでしょうか。

関連項目 : かんばん方式と需要変動

関連項目 : かんばん方式と生産準備

関連項目 : かんばん方式が適用しにくいケース・・・長い工程

 

   

次頁へ 長期スケジューリング

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg