生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

他の生産方式との組み合わせ

かんばん方式と需要変動

 

Q: かんばん方式は需要変動が小さい場合に適用できると聞きますが?

      需要変動が大きい場合は適用できないのですか?

A: かんばん方式は需要が平準化されている場合のみに適用できます。もし、マーケットや後工程の需要変動が激しい場合に、かんばん方式を導入するには需要を平準化させる必要があります。マーケットの需要変動が大きく、工場での生産を平準化することが不可能な場合には、生産計画スケジューラを活用するのが適しています。生産計画スケジューラは、需要が平準化できる場合はもちろん、需要が平準化できない場合も、見える化、リードタイム短縮に効果を発揮します。

 関連項目 : かんばん品と非かんばん品

 

 

 

次頁へ かんばん方式と生産準備

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg