生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

他の生産方式との組み合わせ

かんばん品と非かんばん品

 

Q: かんばん品と非かんばん品が混合しているときには、

  どのように管理すればよいですか?

A: 生産計画スケジューラの適用例では、原材料をかんばん品と非かんばん品に分けているケースがあります。需要変動が少ない原材料はかんばん品として、かんばん方式で調達(購買または内製)します。需要変動が激しい、または、いつ必要になるか予測がつかない原材料は非かんばん品として、生産計画スケジューラにBOM登録して、生産スケジューリング結果をもとに調達します。もちろん、かんばん品をBOM登録してもよいです。その場合、内示オーダがあれば、生産計画スケジューラの計算結果として、日当たりの需要量の推移および必要かんばん枚数の推移の予測値が出力されます。 

関連項目 : BOM ( Bill of Material : 部品表)の見える化

関連項目 : かんばん方式と需要変動

 

 

次頁へ かんばん方式と特注品、受注生産品、試作品

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg