生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

他の生産方式との組み合わせ

かんばん方式と特注品、受注生産品、試作品

 

Q: 特注品、受注生産品、試作品などの場合は、

  かんばん方式は適用できますか?

A: 特注品、受注生産品、試作品など、突然、製品のオーダが来て、その結果、生産が平準化できない場合は、かんばん方式は向きません。このような場合は、生産計画スケジューラの方が向いていると言えます。 

  1. 今から着手するといつ納品可能なのか

  2. コストを積算するといくらになるのか

  3. 手持ちの原材料で足りるのか、何をいくつ、いつ発注しなければならないか

  4. 工場内の機械、人員の負荷は足りるのか

  5. 納期に対して、各構成部品をいつ加工着手したらよいか 

など、生産計画スケジューラを用いれば、短時間ですべてが同時にわかります。特に、膨大なオーダが工場の中を流れているときに、特急オーダや納期厳守の試作品が入り込むと、生産スケジュール管理が困難になります。そのような場合でも、生産計画スケジューラは導入効果を発揮します。

関連項目 : 設備や人員の未来の負荷の見える化 (負荷グラフ)

関連項目 : 所要量の見える化

関連項目 : 個別原価の見える化

関連項目 : 有限能力バックワードスケジューリング (JITスケジューリング)

関連項目 : 有限能力フォワードスケジューリング

 

 

次頁へ かんばん方式が適用しにくいケース・・・長い工程

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg