生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

他の生産方式との組み合わせ

未来の予測と見える化

 

Q: かんばん方式と生産計画スケジューラの違いは何ですか? 

A: かんばん方式は、現在なにをすべきかに重点がおかれています。生産計画スケジューラは、需要予測や内示オーダをもとに未来なにが起こるかに重点がおかれています。その結果として、現在何をしなければならないかを結論づけます。そのために、資源ガントチャート、オーダガントチャート、在庫グラフ、負荷グラフ、KPI計算などで未来を見える化します。それを人間が見て、今何をするべきか、どのように先手を打てばいいのかを考え、手を打ちます。どんなビジネス上の競争でも、未来をより正確に読んだほうが勝利をおさめます。 

関連項目 : オーダの見える化 (オーダガントチャート)

関連項目 : 生産スケジュールの見える化 (資源ガントチャート)

関連項目 : 製品・半製品・購買品の未来の在庫の見える化 (在庫グラフ)

関連項目 : 設備や人員の未来の負荷の見える化 (負荷グラフ)

関連項目 : KPIの見える化

関連項目 : 個別原価の見える化

 

 

次頁へ 【生産計画コンサルティング コラム14 】

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg