生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラのカスタマイズ

追加プログラムの開発

 

Q: パラメータ設定だけでは、実現できない要望はどうしたらよいですか?

A: 生産計画スケジューラは、極力、パラメータ設定だけで立ち上げることをお勧めします。しかし、パラメータ設定だけでは不可能な要望もあります。その場合は、まず運用でカバーできるかどうかを検討します。それでもダメなときにプログラム開発を検討します。なぜ、そのように推奨するかというと、パラメータ設定とプログラム開発は大きな違いがあるからです。プログラム開発は、「開発すればなんでもできる」とはいえるものの以下のようなリスクがあります。

●開発コスト(プログラマの人件費)と開発期間がかかる上、

 特に稼動当初はバグが発生しやすい。

●稼動後のメンテナンスのためにはプログラマを確保しておかなければならない。

 特に、優秀なSE,プログラマは社内でひっぱりだこで確保しにくい。

などです。それでも必要な場合、追加プログラムを開発します。追加プログラム開発には2つの種類があります。

  1. 外部プログラム開発
  2. プラグイン開発

以下、その内容を説明します。

   関連項目 : 生産計画スケジューラの導入手順 

   関連項目 : 導入成功のポイント

 

 

次頁へ 外部プログラムの開発

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg