生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラのカスタマイズ

外部プログラムの開発

 

Q: 生産計画スケジューラと独自に開発したプログラムを

  データ連携して動作させるにはどのような方法がありますか?
A: Microsoft AccessなどのRDB(リレーショナルデータベース)やテキストファイルを経由して連携する方法です。外部プログラムから生産計画スケジューラにデータを与えるには、生産計画スケジューラのインポート機能を用います。逆に生産計画スケジューラのスケジュール結果を取り込んで外部プログラムで処理するには、生産計画スケジューラのエクスポート機能を用います。このようにRDBなどを経由して連携する方法は、疎な連携といえ、比較的難易度の低いプログラム開発といえます。

    関連項目 : 生産計画スケジューラの導入手順 

関連項目 : 導入成功のポイント

 

 

 

次頁へ プラグインの開発

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg