生産計画 スケジューラ(APS : Advanced Planning and Scheduling)による利益増大

~全世界1500サイト以上の工場に導入された生産計画スケジューラAsprovaの入門書~
アスプローバ アスプローバ

生産計画スケジューラのカスタマイズ

プラグインの開発

 

Q: 生産計画スケジューラに独自に開発したプログラム(プラグイン)を

  組み込んで連携して動作させるにはどうしたらよいですか?

A: プラグインを開発すると、生産計画スケジューラの内部データ(オブジェクト、プロパティ)のほとんどに直接アクセスでき、参照・追加・変更・削除、内部メソッド(処理)の実行などが可能です。プラグインは密な連携で、高度かつ高速なプログラムが開発できます。プラグインの開発をするにはCOMインターフェースという技術を理解・活用する必要がありますので、外部プログラムに比べて難易度の高い開発となります。





'//プラグインのソースコード Visual Basicの例

'//クラス定義の作成
'// 070327
Public Function CreateNewClass(className As String, classAlias As String, project As ASBProject, args As AsPlugInManager.ASPArgList) As ASOObject
Dim classDef As ASOObject
Set classDef = project.CreateUserClassDef(className, className)
If classDef Is Nothing Then
Set CreateNewClass = Nothing
Exit Function
End If

'クラス定義の別名
classDef.Alias = classAlias

'クラスルートの別名
Dim classRoot As ASOObject
Set classRoot = project.FindChild(className)
If Not classRoot Is Nothing Then
classRoot.Alias = classAlias
End If

' クラスルートを返します。
Set CreateNewClass = classRoot
End Function

 


 

関連項目 : 生産計画スケジューラの導入手順 

関連項目 : 導入成功のポイント

 

 

次頁へ マルチサイト計画

本書籍を無料進呈! こちらをクリックし資料請求ください。その際「生産計画スケジューラによる利益増大希望」とご記入ください。

production_planning_scheduling_book.jpg