Asprovaで不況から脱出の施策!

アメリカのサブプライムローン問題に端を発した世界同時不況の影響は、
製造業にも業績不振の影を大きくおとしています。このような市場環境の中で
日本No.1、世界においても中国工場を中心にその地位を築きつつある生産スケジューラ
Asprova APSのメーカである当社は、会社をここまでに発展させていただいた
製造業のお客様に報いるためにも、2つの施策をとりました。
その一つが、Asprova Light製品のリリースであり、すべての製造業様において
必要である機能を実装し、Small Startを可能にしました。お客様は、少ない投資で
効果を早期に実現しながら、オプション機能を追加していくことができます。
また、これまでの生産スケジューラの時間と数量の考えに加えて、金額のスケールを
適用させていただいた機能が、Aspova KPIです。Asprova KPIを利用しますと
工場は、最適な納期・生産効率といった観点に加えて、原価低減という目標も
達成することができます。よりやすく、よりはやく、効果をだす。これが、
不況時代の生産スケジューラの役割と認識しつつ、当社は、日々、製品の開発に
取り組んでおります。ぜひ、当社ホームページより、当社製品の体験版をダウンロード
していただき、皆様のご意見・ご要望をおよせいただければと存じます。

written by 藤井 賢一郎@生産スケジューラAsprova

2008年11月 6日 11:12 | 営業よもやま話| コメント(0)

コメントする

« 前の記事 | 次の記事 »