サイト内検索 カテゴリ 月別でみる アクセスランキング 最新のエントリー コメント
Syndicate this site (XML)
工場カイゼン活動の最近のブログ記事

工場カイゼン スタディ ツアー(1) 2008年5月19日


欧州から約30名の工場関係の方々が集まり、カイゼン活動を実施した日本の工場を見学した。私は、その日程の一部に参加した。各社とも見事なカイゼン成果を出している。欧州の方々には工場現場のカイゼンはやはり日本が世界最高という印象を得たに違いない。

●株式会社山武 伊勢原工場
制御装置のユニット組立て工場を見学した。工場のカイゼン活動により、U字ライン化、品質の作込みを行い不良ゼロを達成している。カイゼン活動の結果、非常に小さい製品でも、必要な数だけ、アセンブリのタイミングに従ってジャスト・イン・タイムに生産し、工程間仕掛かりも無い。


●ISUZU 藤沢工場

DSC_3470.JPG


エンジン組立て工場を見学した。ラインでは、種々のトラックを一つのラインで混流生産しているため、工数ばらつきが元々大きい。工場内のカイゼン活動により、工数の多いところのキット化、フリーフローライン化(コンベアとして流れているが、一部の工程は一時的に止まっている)により工数バランスを調整し、工数の平準化に成功した。しかも、エンジン組立てラインへの部品供給の見事なジャスト・イン・タイム化を実現している。

KPC工場カイゼン・スタディ・ツアー

工場カイゼン スタディ ツアー(2) 2008年5月20日 

朝、羽田から小松空港へ移動

●ジェイバス株式会社 バス組立て工場
DSC_3476.JPG
バスの組立て工場を見学した。バスの組立ては多品種少量で、さまざまな型式のバスが流れているため、工数のばらつきが大きい。工場内では塗装、シャーシ組立てを並行に流し、最終組立工程にジャストインタイムに同期化することが理想的である。工場のカイゼン活動によりすべての工程をオーダ番号で管理し、塗装工程の処理時間のバランスをスケジューリングとタクトで流す工夫をして解決した。また、新人の教育による作業員のフレキシビリティ化。これらのカイゼン活動により、リードタイム短縮の40日から16日の短縮を実現した。

●夜 温泉にて日本風の宴会
DSC_3476.JPG
      (夜になっても、工場のカイゼン活動の話題は尽きなかった)

KPC工場カイゼン・スタディ・ツアー

工場カイゼン スタディ ツアー(3) 2008年5月21日 

●コマツ粟津工場
DSC_3548.JPG
ホイールローダー組立て工場を見学した。この工場も工数のばらつきが元々大きいことがカイゼン活動前の課題であった。工場のカイゼン活動により徹底したモジュール化、キット台車の導入などにより工数のバランスを最適化した。また、徹底したQC活動にとりくみ、型式がかわるごとにチェックポイントをリアルタイムで表示するなど、30000個に不良1個のレベルを実現した。

以上、KPCのカイゼン活動を実施した工場内は、整理され、在庫の山は無く、数少ない工員がスムーズに動き、工場全体が流れるように、ジャストインタイムに粛々と動いていた。

KPC工場カイゼン・スタディ・ツアー

高橋邦芳

Page1