営業よもやま話の最近のブログ記事

中国スケジューラ事情 2012 ①

201010月より、中国上海に常駐して、生産スケジューラソフトウェアを販売しています。

当社製品も、中国の日系製造業の工場に採用されるケースが主で、以下のような変遷をしています。

 

  2008年 日系製造業のIT投資が盛んで、生産スケジューラも最高の売上をあげる

  2009年 リーマンショックの影響を受け、中国民営製造業の工場が主体顧客となる

  2010年 リーマン後の投資復活で、日系製造業でも当社製品が再び売れ始める

  2011年 震災の影響で、再び、IT投資が鈍り始める

  2012年 ?????

 

 生産スケジューラのニーズもここ数年で大きく変わっており、人件費の高騰で、合理化のために多くの投資をしようとする顧客が増えてきています。しかし、日本からのITコンプライアンスの影響を受け、効果なERPソフトを導入しているお客様の多くが、その製品を使いこなせていません。

 マスタのメンテナンス、製造実績の収集、在庫情報などの精度が悪いためで、ERPだけですと、会計期間にバッチ入力し、修正して本社に報告しているのが現実です。本来のITによるコンプライアンスにはほど遠く、当社は生産スケジューラを導入することにより、これらの問題を解決しようとしています。

 生産スケジューラの導入は、生産計画の精度を上げるだけでなく、上記のマスタデータ・トランザクションデータが正確に運用されないと意味を成しません。より精度を問われるシステム導入で、中国の製造現場のレベルをあげようとする試みです。

 

 話は変わりますが、中国の商談では、お互いに高い要求から、現実的な妥結を見出す形で進められます。

これをシステム導入の方法論に適用しますと、高い目的・精度の追及から現実的な落としどころをということになります。

 

 

written by 藤井 賢一郎@生産スケジューラAsprova

2012年1月30日 20:20 | 営業よもやま話| コメント(0)

不況時代の生産スケジューラの有効利用についてのヒント

IT不況のこの時代、すでに、購入された生産スケジューラの有効利用が必要です。

購入したのにもかかわらず、いつのまにか、お蔵入りになっていませんか?再度利用するにあたり、新しい人材の教育とマスタのリフレッシュは不可欠です。せっかく、購入したソフトウェアですので、シンプルな機能から再稼働させ効果を算定してみましょう。新しい事業やラインでの適用が有効な場合もあります。
すでに、稼働中の生産スケジューラも、週一回を毎日まわすとか?そのために、製造実績や在庫情報をリアルに正確化しなくてはならないという遡及目的も生まれます。計画をたてるだけでなく、考えられる需要から、必要な稼働や設備の計画をたてることにも利用できます。製造部門だけでなく、人を設備とした設計スケジュールの進捗管理などにも利用できます。
工夫ひとつでひとつのスケジューラが、2倍にも3倍にもなる付加価値を生むのです。
不況の時代は、考える時間もあります。ぜひ、この機会にトライされてはいかがでしょうか?

 

written by 藤井 賢一郎@生産スケジューラAsprova

2009年3月23日 14:32 | 営業よもやま話| コメント(0)

ノンカスタマイズ・スケジューラのすすめ

IT投資の見直しがいわれている今年、新規投資に関しても、投資効果の早い回収が求められています。ソフトウェアパッケージに関しても、カスタマイズすることがよいのか?そうではないのか?
長い間の議論がありましたが、現在は、結論がでたといってもよいのではないでしょうか?
カスタマイズによる使いやすさとリスクのトレードオフになるとの議論ですが、現在の企業にリスクをおうだけの余裕はありません。自社にあわないパッケージソフトウェアであれば、採用しなければ済むことです。しかし、当社のLight版製品が、1000工場の共通要件機能をを実装し、
評価を得ているように、本当に必要なスケジューリング機能はわずかです。追加の機能は、オプションでアドオンする形で用意されています。
 従前の生産スケジューラ未稼働の要因でも、一番多い原因は、担当の交代でした。日本の製造ラインでもアウトソーシング化がすすんでいます。海外工場においての現地化と含めて、共通インターフェイス・共通オペーレーションのメリットははかりしれないものがあります。内部統制の観点からしても、収集されたデータが、EUCにより、いろいろに加工できますでは、成り立ちません。
 最近のお客様では、当社製品をいれることで、ISOの認定をとったり、取引先をひろげたりという例が多くなってきました。世界の中でビジネスをしていると、欧米の発注先は計画業務のシステム化を選定条件としています。8ケ国語に翻訳され、世界に支店と代理店をもつ当社製品は、一番に選ばれる傾向があります。アスプローバも、現在は、世界の生産スケジューラとコンペしています。世界で活躍する当社と同様の製品もすべて、ノンカスタマイズをベースとしています。

 

written by 藤井 賢一郎@生産スケジューラAsprova


 

2009年2月20日 10:33 | 営業よもやま話| コメント(0)

不況時代の生産スケジューラ

不況時代には、生産ラインでも、逆転の発想が不可欠です。生産スケジューラも、好景気時の利用方法いかに、多くのオーダを効率よく生産するかに対応する利用法にかえて、不況時には、現在生産量を製造するために、どれだけの製造装置・生産員が必要なのか、また、現在の生産資源であれば、稼働日をどの程度にすればよいかなどをシュミレートします。APSといあれる、まさしく文字通りの先進的スケジューリングシステム Advanced planning schedulingでは、複数の製造パラメータによるスケジュール結果を時間の単位とけ直接原価の単位でシュミレーションするとこができます。
より、安い原価で、納期等をまもりつつ計算することができるわけです。また、こうした金融ショックの環境では、資金の確保が滞る場合も想定されます。したがって、キャッシュフローという意味では、自社ラインでの生産スケジュールだけでなく、それらに必要な資材手配をぎりぎりまで、のばすことにより、製品ベースでの自社の入金と購買先への支払いという出金のキャッシュフローの改善を実現することも可能です。
 これまでの取引先とのビジネスが停滞する中で、新しい取引先とのビジネスを確立する上でも、生産スケジューラは威力を発揮します。発注元からすれば、いくつもの発注先候補がある中で、コストと品質はもちろん、自社製品の製造でもぎりぎりまで、資材手配をまたせたいのが、本音です。したがって、発注して時にまちがいのない納期で資材が納品されることが必須条件となります。よって、生産スケジューラで自社ラインがキチンと管理され運営されている製造業、正確な納期回答ができる企業、発注の変更に対応できる購買先が、優先されます。
 上記のような現実をみますと、不況=生産量が減少=生産スケジューラが不要と発想される製造業は、その企業自体がマーケットに不要ということになります。さらにいえば、現在設備投資を抑えている企業も、景気回復時を見越して先行投資のタイミングがきます。こうして前向きに意味でも、生産スケジューラは、将来計画・能力を算定できるという機能から重宝されています。

 

written by 藤井 賢一郎@生産スケジューラAsprova

2009年2月19日 18:28 | 営業よもやま話| コメント(0)

Asprovaで不況から脱出の施策!

アメリカのサブプライムローン問題に端を発した世界同時不況の影響は、
製造業にも業績不振の影を大きくおとしています。このような市場環境の中で
日本No.1、世界においても中国工場を中心にその地位を築きつつある生産スケジューラ
Asprova APSのメーカである当社は、会社をここまでに発展させていただいた
製造業のお客様に報いるためにも、2つの施策をとりました。
その一つが、Asprova Light製品のリリースであり、すべての製造業様において
必要である機能を実装し、Small Startを可能にしました。お客様は、少ない投資で
効果を早期に実現しながら、オプション機能を追加していくことができます。
また、これまでの生産スケジューラの時間と数量の考えに加えて、金額のスケールを
適用させていただいた機能が、Aspova KPIです。Asprova KPIを利用しますと
工場は、最適な納期・生産効率といった観点に加えて、原価低減という目標も
達成することができます。よりやすく、よりはやく、効果をだす。これが、
不況時代の生産スケジューラの役割と認識しつつ、当社は、日々、製品の開発に
取り組んでおります。ぜひ、当社ホームページより、当社製品の体験版をダウンロード
していただき、皆様のご意見・ご要望をおよせいただければと存じます。

written by 藤井 賢一郎@生産スケジューラAsprova

2008年11月 6日 11:12 | 営業よもやま話| コメント(0)
Page1, 2, 3 次に進む