リーンマニュファクチャリン グ(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

需要予測

mrp_021.jpg
業務内容:生産部門の需要予測は、販売部門から提示される販売計画を基に実績を慮して行われる。これは、中小規模の企業では、販売部門が、また販売部門が独立している企業では業務部の計画課とか管理課が担当するのが一般的である。
問題点:次に問題点を示す。
.各部門でさまざまな需要予測が行われ、整合性がとりいくく、予測の信頼性を下けている。
.担当者の勘や思惑が優先し、現実を正しく表現していないため、予測がそのつど異なってくる。
.データの収集、予測モデルの作成に、多くの時間がかかり、限られたモデルでしか検討ができない。
.いったん作成したモデルは、変更されにくい。このため、環境の変化で、全く意味がなくなるか、かえって逆効果の予測をすることさえある。
.販売実績などは、データにもれが発生することがあり、補正が必要である。
.作成した需要予測が妥当かどうか判断することが難しく、担当者まかせになってしまう。
.予測は当たらない。ゆえに過剰な在庫を抱えて、これを補っている。
機能:受注オーダーの実績報と販売計画や製品需要を基に、予測モデルを使って製品単位または製品グループ単位の需要量の予測を行う。また、経済指標や企業の外的要因から予測モデルを作成し、製品グループの単位で、需要量の予測を行う。これと新製品需要予測を比較して、調整を行って、新しい製品需要予測を作成する。

この用語を見た人はこんな用語も見ています