リーンマニュファクチャリン グ(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

資材計画

mrp_026-027.jpg
業務内容:製品をつくるには組立品や部品、原材料といった多くの品目を必要とし、その購買、製造の手配が必要となる。このような業務は、資材部または購買部それに製造部の加工、組立、外注の各部門が分散して個々に行っている。
問題点:資材計画の問題点を示す。
.購買や製造の日程を一元的に管理していないため、変更調整ができにくい。
.在庫が多いにもかかわらず欠品が多発し、調達係が走りまわっている。
.適切なリードタイムがなく、あやふやな納期指定のため、欠品や、余剰在庫が発生する。
.生産計画を受けてから、発注するまでの時間がかかり過ぎる。このため、実際の製造時間が短くなってしまう。
機能:生産計画で立案された生産日程を基に、何を(品目)、いくつ(所要量)、いつまでに(納期)必要かを計算して購買や製造の手配を行う。
MRPで計画された組立品や部品されに材料は、購入したり、外注したりするものは購買計画は、内作するものは製造計画へ渡される。

この用語を見た人はこんな用語も見ています