リーンマニュファクチャリン グ(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

少人化

顧客(市場)の要求(変化)に応じてもっとも少ない人(人件費)で効率的に生産することをいう。人員の増減を容易にし、多品種少量の"フレキシブル生産"を実現するための仕組みで、JIT生産方式の機能の1つでもある。具体的には次のような仕組みが必要不可欠である。

●流れ生産・1個流し
●多工程持ち・多能工・立ち作業・助け合い作業
●ライン化・人集め・人離し
●標準化
●非定員制

いい換えれば、「ムダを省いて、もっとも少ない人で対応する」ことで、顧客の要求量をこなすための最少人員を意味する。

関連用語: 省人化省力化

この用語を見た人はこんな用語も見ています