リーンマニュファクチャリン グ(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

負荷調整

山崩

工程単位に積まれた期間別の負荷を平準化するために調整することで、通称、山崩(やまくずし)ともいわれている。これは製造計画の能力所要量計画(CRP:Capacity Requirements Planning)の中に位置付けられ、工程展開、負荷山積の後に続く機能である。

mrp_166.jpg負荷調整は、最早開始日、最遅開始日の期間範囲内で行われ、図のような期間ごとの負荷率と各期間の負荷を累積した累積負荷率とにより、負荷調整が可能か否か、負荷状況を判断して山崩を行う。負荷調整が不可能な時は、能力の増強として外注や代替工程を考えるか、もしくはオーダー納期の調整が考慮される。


関連用語: 能力所要量計画負荷山積


この用語を見た人はこんな用語も見ています