リーンマニュファクチャリン グ(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

需要特性

工場では、原材料、部品および製品など数多くの品目が存在する。しかし、これらのすべてが生産計画の対象となるわけではない。生産計画の対象となるのは、製品やサービス部品といった販売部門で扱う品目である。これらは、顧客からの需要が品目個々に発生するものであり、品目同士お互いに需要の関連は特にもってはいない。これに対し、需要が独立して発生しない品目もある。たとえば組立品や部品などがそれに当たる。
このように、需要の特性には、独立需要と従属需要とがあり、独立需要の対象となる品目を独立需要品目といい、従属需要の対象となる品目を従属需要品目と呼ぶ。

mrp_113.jpg

この用語を見た人はこんな用語も見ています