リーンマニュファクチャリング(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

Home > アジアを渡り歩いたIT屋が教える アジア進出を成功させるレクチャー > 10 価値観のせめぎあいを乗り越えるには(2)

10 価値観のせめぎあいを乗り越えるには(2)

コボリ
やれやれ、しばらくは心労の溜まる毎日になりそうです

心労はともかく、壁にぶち当たること自体は、そう悪いことではないですよ。立ち止まってゆっくり考えればいいんですから。自分の持っている常識を疑うというのは、案外楽しいものです
フジイ
リー
私も、中国と日本の間に立つ者として、サポートします

コボリ
頼もしいかぎりです

基本的なスタンスとしては『ごり押しした結果で一時的に得られる100%の結果より、長期的に継続していける80%の利益を優先すべき』であるといえます。先ほど話に出たように、プライドの高い中国人に対してガラパゴス化した日本のシステムを押し付けるのは、現実的ではありませんから
フジイ
コボリ
80%でいいのかあ。そう言われると、肩の荷が下りたような気がするなあ

そうそう、ある程度は緩やかな心持ちでいたほうが、何かといいものです
フジイ
リー
それに、中国人、まじめ。自分の信じること、一生懸命やる

そう。反日運動だって、そういった一面の裏返しかもしれませんよ
フジイ
コボリ
日本人ばかりがまじめ、まじめと言われているような気がしますが、中国人だって、やるとなったらやってくれる人たちなんですね

その通り。つまり、中国の人にいかに納得してもらえるかで、ほとんどが決まってしまうというわけですね。日本の本社に何を命令されようと、それは変わりません。気持ちをしっかり持って、やってくださいね!
フジイ