リーンマニュファクチャリング(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

Home > アジアを渡り歩いたIT屋が教える アジア進出を成功させるレクチャー > 22 AECの設立によって、タイはどう変わる?

22 AECの設立によって、タイはどう変わる?

コボリ
東南アジアに関するホットなワードといえば、AEC(ASEAN経済共同体)の設立ですね。そもそも、AECが設立されて、これからどうなるのでしょう?

ASEAN諸国の間で、ヒト・モノ・カネの動きが自由化されます。短期滞在のビザが不要になることで、熟練した労働者がASEAN諸国を自由に移動できるようになりますし、関税が撤廃されて、モノ・カネの動きが活性化します
フジイ
コボリ
経済圏が統合されることで、輸出の拡大も期待されていますね

ええ。でも、全体的に準備が遅れているようですね。内容も、当初のブループリントからはずいぶん変わってきたようです。人とサービスの自由な行き来はまだ実現できていませんし、取り決めを順守しなくても罰則はないなど、最初の構想からは大きく後退しています
フジイ
コボリ
なかなか、うまくはいかないのですね。原因は何でしょうか?

結局、共同体といっても、各国の発展の状況には大きな差がありますし、それぞれの思惑は異なっていますから、ひとつにまとまることは難しいのです
フジイ
コボリ
中国寄りだとか、アメリカ寄りだとか、そういう国の立場上の違いもありますね

そうですね。課題は山積しています
フジイ