リーンマニュファクチャリング(リーン生産)を実現する、日本で生まれた生産管理やカイゼン手法を紹介

Home > SCM用語集

SCM用語集

ECR(効率的消費者対応)

米国の加工食品流通業によって、競争力の回復を狙って考えられた戦略コンセプト。消費者へより高い価値が提供できるか否かが、業務存続の判断基準になっている。

ECR(効率的消費者対応)のつづきを読む

ボトルネック(制約)

サプライチェーンのスループットを決定するのがボトルネック。それを認識し、改善を進めていくことが、キャッシュフローを大きくする。

ボトルネック(制約)のつづきを読む

EDI(電子データ交換)

異なる企業間、工程間で、サプライチェーンを実行するときデータ交換をする必要がある。しかし、異なるコンピュータを使用していては、実行はむずかしい。そのとき、役立つのが電子データ交換(EDl)である。

EDI(電子データ交換)のつづきを読む

IE/OR

生産効率を向上させる考え方のIEは、今日の大量生産を成功させる原動力である。ORは、統計数字や線型計画法などで最適化を求める手法で、ともにサプライチェーンの流れにある。

IE/ORのつづきを読む

JIT(ジャストインタイム)

米国のスーパーマーケットの商品補充をヒントに考えられたJIT。トヨタ生産方式として日本の自動車産業を優位にし、仕組みは多くの製造業に取り入れられている。

JIT(ジャストインタイム)のつづきを読む